今年最後のレベスタを笑顔で終えることができなかった。1点リードの後半39分、サポーターの悲鳴とともに福岡のゴールネットを松本・パウリーニョのシュートが揺らす。そしてため息とともに試合が終了。名古屋が...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)