女子団体追い抜き最後のカーブ。最後方の高木菜がスタミナの限界を迎えた佐藤の背中を腕で懸命に押した。佐藤も直線への出口でよろめきながら「ここで転んだら水の泡」と必死に立て直し、足を動かした。  先頭の...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)