競技を本格的に始めて1年3カ月、陸上男子やり投げの比嘉遥(興南高-九州共立大1年)が成長を続けている。10月20日の第33回U20日本陸上競技選手権大会で70メートル22で優勝し、全国規模の大会で初...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)