2020年の東京五輪・パラリンピック開催に向け、本県独自の文化プログラムのアイデアを募集していた県といばらき文化振興財団は9日、太田圭さん(つくば市)と小松崎浩司さん(那珂市)、山崎信正さん(水戸市)...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)