【モスクワ共同】ロシア連邦捜査委員会は8日、2014年ソチ冬季五輪に出場した自国選手の薬物使用検査を巡る捜査結果を発表し、国家ぐるみのドーピングはなかったと結論付けた。世界反ドーピング機関(WAD...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)