19歳以下で行われたソフトボールの第6回アジア男子ジュニア選手権で、高知県勢6人を含む中学3年生だけで臨んだ日本代表が優勝した。相手のパワーに苦しみながらも、技術の高さやチームワークで接戦をものにし...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)