福岡マラソン2017(12日開催)には不測の事態に備える自転車部隊がいる。消防職員が自動体外式除細動器(AED)や飲料水、塩分補給のタブレットなどを背負ってコース上を走る「移動救護部隊」だ。3年前の...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)