役員人事などを巡る内紛で混乱していた日本ハンドボール協会の新会長に、湧永製薬の湧永寛仁社長(44)が10月末就任した。再建を図る新体制を率いる立場。信頼回復に向けた取り組みや、2020年の東京五輪に...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)