アンカー勝負にもつれ込んだ男子は、鮮やかな逆転劇で決着した。最終7区(5キロ)の3キロ地点。浜松日体の上杉が浜松商の沢木を一気に抜き去った。3区終了時の55秒差をはね返し、反対に44秒差をつけてフィ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)