我慢に我慢を重ねた80分間。試合終了のホイッスルを聞くと、仙台育英イレブンは両腕を突きあげて喜びを爆発させた。石川主将は「今年の宮城の王者は仙台育英だという事を示したかった」と誇らしげに語った。  ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)