剣道日本一を決める第65回全日本選手権は3日、東京・日本武道館で64人によるトーナメントで争われ、西村英久5段(熊本県警、中津市出身)が2年ぶり2度目の優勝を果たした。決勝では4年ぶり4度目の制覇を...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)