南海トラフ地震の発生に備え、国土交通省四国地方整備局松山港湾・空港整備事務所は1日、愛媛県松山市三津ふ頭の松山港外港で港湾施設の被災調査訓練を行った。職員4人が、海上からの緊急物資輸送時に船が係留す...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)