西武の菊池雄星投手(花巻東高)はプロ8年目のシーズンを16勝6敗、防御率1・97で終え、最多勝と最優秀防御率の2冠に輝いた。けがやフォームの悩みなど、苦しんだ経験を糧に才能を開花。自己最速158キロ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)