北海道コンサドーレ札幌は、首位の鹿島アントラーズに1―2で敗れた。0―1で迎えた後半15分にMF兵藤慎剛(32)の同点ゴールで追い付いたものの、試合巧者の鹿島に勝ち越しを許し、5試合ぶりの黒星を喫し...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)