第35回全日本大学女子駅伝を翌日に控えた28日、シード校の監督らが仙台市内で会見した。昨年、創部9年目で念願の初優勝を果たした愛媛県の松山大の大西崇仁監督は、主将らを故障で欠くなどしたチームの現況を...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)