新体操の全日本選手権第2日は28日、千葉ポートアリーナで行われ、男子個人総合は永井直也(青森大4年)が合計74.750点で初の頂点に立った。同大の個人総合優勝は5年ぶり。また、安藤梨友(同1年)が3...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)