プロ野球への志望届を提出していた青森県弘前市出身の筑波大4年・大道寺拓投手(22)は26日、ドラフト会議で名前を呼ばれることはなかった。指名からは漏れたが、投手歴わずか2年で最速148キロという、将...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)