26日に東京都内であったプロ野球のドラフト会議で、広島は今夏の甲子園で6本塁打の1大会個人最多記録を樹立した中村奨成捕手(広島・広陵高)を1位指名し、中日との抽選の末に交渉権を獲得した。...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)