雌伏の4年間を乗り越え、満を持してプロに乗り込む。阪神から2位指名を受けた高橋遥人投手。常葉橘高時代に指名漏れの悔しさを味わった左腕は、東都リーグの名門で大きく成長した。  亜細亜大は練習の厳しさで...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)