「3年後、ドラフト1位でプロにいく」。鈴木博志投手(ヤマハ)は、磐田東高卒業時の目標を現実のものとした。高3で右肘を手術し、野球を続けられるのか不安な日々もあった。ヤマハでの最初の1年間はひたすらリ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)