ドラフト会議開始から2時間が経過した後に、待ちに待った瞬間が訪れた。東大のエース宮台は日本ハムから7位指名された吉報を別室で受けた後、記者会見場に登場。大きく息を吐き、緊張した面持ちで「最後まで指名...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)