26日のドラフト会議で日本ハムは7選手との交渉権を獲得した。ポジション別にみると、野手は今ドラフト最大の目玉、清宮幸太郎(東京・早実高)ら内野手2人で、あとはすべて投手。所属は高校生4、大学生2、社...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)