プロ野球の新人選手選択会議(ドラフト会議)が26日、東京都内で開かれ、北海道日本ハムは高校野球歴代最多とされる通算111本塁打をマークした強打の左打者、清宮幸太郎内野手(18)=東京・早実高=を1位...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)