【評】山形は終盤に3点差まで迫ったが、あと一歩及ばなかった。第4クオーター(Q)は激しい守備を起点に猛追したものの、最後は勝負どころでファウルを犯し、フリースローを与えて加点を許した。試合を通じた3点...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)