二〇二〇年東京五輪・パラリンピックの自転車ロードレース競技を巡り、招致段階の「立候補ファイル」とは異なるコースを国際競技団体が検討しているとされる問題で、多摩市の阿部裕行市長と稲城市の高橋勝浩市長は...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)