日本相撲協会の立田川親方(元小結・豊真将)が24日、第12代横綱、陣幕久五郎(1829~1903年)の出身地、松江市東出雲町の石碑を訪ねた。陣幕の横綱昇進150年を記念し、地元有志の陣幕会が招いた。...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)