県内有志でつくる「スピードスケートを支援する会」(会長・後藤完司山形建設社長)は24日、県高校体育連盟スケート専門部に活動支援金として100万円を贈った。  山形市の同社で行われた贈呈式で、後藤会...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)