26日のプロ野球ドラフト会議で指名が有力な高校生を探った。  最も注目されるのは、歴代最多とされる111本塁打を放った清宮幸太郎(東京・早実)。自慢の長打力はもちろん、人気面でも群を抜く。複数球団...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)