卓球の日本リーグ女子の中国電力が27日、広島市中区スポーツセンターで十六銀行との後期の開幕戦に臨む。松岡俊志監督は「気の抜けない戦いが続くが、上位と力の差は小さい。優勝のチャンスはある」と地元で好発...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)