将来を嘱望されるスラッガーはひと味違った。  3-2の四回2死一、二塁。代打で登場した高卒ルーキー細川が初球、141キロのカットボールを豪快に振り抜いた。鋭い打球がセンター前で弾み、貴重な追加点と...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)