悲願の日本一へ夢半ばで散り、広島の緒方監督が悔しさをかみしめるように言った。「最後まで流れをつかめなかった」。歯車が狂ったままに4連敗。独走でリーグ連覇を果たした王者があっけなくシーズンの幕を閉じた...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)