伊万里は主戦山口修が粘投。9回を一人で投げ抜いたが、沖縄尚学の猛攻を封じ切れなかった。  山口修は四回まで無失点で踏ん張ったが、五回1死から中越え三塁打を浴び、ボークで先制を許した。七、八回と1点...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)