高校野球で最多とされる通算111本塁打を記録した東京・早実高の清宮幸太郎内野手が目玉となるプロ野球のドラフト会議が26日に行われる。清宮は左の長距離砲でスター性も備え、複数球団の1位指名が予想される...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)