勝利への執念が拳に乗り移ったかのような怒涛(どとう)の攻めで比嘉が7回TKOで初防衛を果たした。タフな守備を見せるマソンをガードもろとも突き崩してのKO。「もしかしたら倒せないかもとよぎったが、パン...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)