スピードスケートの全日本距離別選手権第2日は21日、長野市エムウエーブで行われ、男子3000メートルで八戸西出の山本大史(明大)が3分52秒41で制した。女子500メートルは31歳の小平奈緒(相沢病...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)