ラグビー7人制の2018年ワールドカップ(W杯)の出場権を獲得した男子日本代表。メンバー12人に青森県東北町出身の鶴ケ崎好昭選手(27)と、八戸市出身の本村直樹選手(25)の県勢2人が名を連ねた。ラ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)