「ミスター・ラグビー」と呼ばれ、日本代表の指揮を執った平尾誠二さんが53歳で亡くなってから20日で1年を迎えた。長女の大塚早紀さん(28)は「本当に優しく、明るい。最後までいつも通りの父だった」とし...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)