J1で16位の広島は、21日のホーム川崎戦に、運動量の多い新布陣で降格圏脱出を狙う。1トップに皆川、森島と稲垣をインサイドハーフで起用。J1生き残りへ、大胆な一手で臨む。...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)