主戦山口修の粘投と2死から得点を挙げる粘り強い攻撃で、67年ぶりの九州大会出場を決めた。佐賀大会決勝は佐賀学園を上回る14安打。吉原彰宏監督は「打撃で調子を上げていきたい」と決戦を見据える。  山...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)