東北楽天先発の辛島は緩急を駆使して強力打線のタイミングを外し、六回途中1失点と粘った。「先発の仕事はできた」とほっとした表情で振り返った。  直球は130キロ台前半ながら、緩いカーブを多投して相手打...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)