世界のトップ選手が集う日本男子フィギュアスケート界で、京都ゆかりの同級生2人が奮闘している。ともに19歳の友野一希(同大)と本田太一(関大、京都市伏見区)。幼い頃から互いを知り、競い合ってきたライバ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)