世界の子どもたちの厳しい現状や国連児童基金(ユニセフ)の活動を伝えるキャラバンが18日、愛媛県庁を訪れ、原昌史副知事に活動への理解と協力を求めるメッセージを手渡した。キャラバンの来県は4年ぶり9回目...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)