過疎地の住民の交通手段確保に向けた道内初の自動運転バス実証実験が10月14日、十勝管内上士幌町で始まった。初日は町民ら150人が乗車し、運転手のいないバスの安全性や乗り心地を確かめた。バスはフランス...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)