会員の防災意識の高揚と初期消火技術の向上を目指し、鳥取県東部危険物保安協会(福田健治会長)の「第35回消火競技大会」が11日、鳥取市用瀬町古用瀬の用瀬町運動公園で開かれた。...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)