埼玉西武は元同僚の楽天・岸に七回途中まで、散発3安打と完璧に封じられた。第1戦で12安打を放った打線が沈黙。迫力は感じられず、制球良く緩急をつけた投球を前に8三振と精彩を欠いた。  右腕攻略の糸口...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)