北九州は今季ワーストの4失点を喫した。前半は激しい攻撃で相手ゴールを脅かしたが、シュートがクロスバーにはね返されるなど不運も重なって無得点。後半に守備が崩壊し、鹿児島の藤本をフリーにして失点を重ね「...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)