本拠地で時間だけがむなしく経過した。1人少ない清水は後半28分までに0―3と絶望的な点差になっていた。試合終了のホイッスルが鳴り響き、脱力したイレブンの表情に無念さがにじんだ。  今季これまでのダ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)