J1広島の稲垣が惑うことなく、14日のアウェー鹿島戦に挑む。前節はハンドで同点PKを与え、勝ち点3を逃す要因となった。「こぼれ球を拾い、周りの選手を動かしながら、自分の持ち味を出すことを継続するだけ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)