2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けて機運を高める「フラッグツアー」の県内巡回が10日、種子島を皮切りに始まった。西之表市の榕城小学校で式典があり、市内の小中学生が見守るなか、五輪旗とパ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)