歓喜に沸く応援団を前に、選手たちの目にうれし涙が光った。決勝に臨んだバレーボール成年女子の久光製薬スプリングスが、同じプレミアリーグの上尾メディックス(埼玉県)にセットカウント0―2から鮮やかな逆転...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)